読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

店長ブログ読みました

俺の前回のブログの続きの流れからいうと、昨日、今日がタイムリミットだったと思う。

それ以上遅かったら人間的に、男として不信感抱いたと思う。

ネットでは叩かれてる方が多いように思うけど、確かに少し後手に回ることが多いかなって思うところはあるけど俺は信頼してる。

チームしゃちほこの参謀だからね!

でも、それが揺らぐ寸前だった。

仙台のあとじゃ遅かった。メンバーが菜緖ちゃんが何を言い出すかわからないし、そんな中で店長含めて7人の意見が分かったから本当に次に進んでいけると思います。

 

横アリタイトルの「colors」

意味が明確に解りました。

 

武道館のサプライズcolorsがあまりにも反響が大きかった事と、ゆずぽんの卒業でなにかしないとならないっていう気持ちになったんだと思う。

俺はcolorsってタイトルをつけたゆずぽんの卒業式・送別会だと思ってます。

赤・青・黄・紫・黄緑とピンク

ペンライト・お客さんの持つ色

全てでゆずぽんを暖かく送り出そうって意味に捉えました。

…分からんよ…俺の勝手な妄想だし、そうであって欲しいっていうポジティブな考えだから。

でも俺の妄想通りの展開ならやっぱりここで他界するゆずぽん推しはいるだろうね。

そこも想定内だと思います。

 

今までゆずぽんで引っ張ってきて挙句に卒業かよ!って意見もあるけど、個人的にそれは絶対違うと思うし、間違っても言ってはならない事だと思う。

運営にじゃなく、復帰することに一生懸命だったゆずぽんに対してね。

 

そういう人に対しても一区切りつけるならここでどうぞ!っていう場の提示、まさに卒業式だと思います。

推しとファンが同級生ならそれも一緒に送り出す。

なんか言葉と表現がすごく悪いけど、いい意味でね。

そういう区切りつけないと、先に進みますって言っても足枷になって先には進みづらいと思いますよ。←また表現悪いよね。「俺は足枷か!」みたいな…(^^;

 

ファンの卒業式って何も他界促進じゃなくて、新たな気持ちでまた付いてきてくださいってのもあると思います。

もちろんゆずぽんへの気持ちは変わらず持ったままでいいから現状をしっかり受け止めた上での新たな気持ち。

 

俺は他界もしないしする気も全くないし、紫推しだけどゆずぽんへの気持ちは変わらず持って行きます。

チームしゃちほこを好きになった時からゆずぽん・安藤ゆずって娘がいたわけだから、「卒業ですか。はいさよなら!」なんて気持ちには絶対になれない!

 

今までのライブでも、ペンライトをソロ曲以外で紫以外の色に変えたことがほとんどありません。

JK卒業式のアンセムでゆずぽんの声が流れて紙吹雪が舞った時だけピンクにしました。

 

だけど、柚姫ちゃんやメンバーがそういう日だから「好きな色にしてね」いうなら横アリでは迷わずピンクを照らします。2本持ちだから片方は紫かもしれないけど。

 

俺にとって大黒柚姫っていう存在は絶大です。絶対服従ではありません。が!

右向けって言うならその雰囲気を察して言われる前に右向いてるし、悩んでるようなら俺もどこかが痛くなるような感覚になるし。遅いって言われることのないようにしっかり応援して、時には少し前に行って引っ張ったり後押ししたり。認知なんてされてないけど、そういう存在であり続けたいと思います。

 

 

でも横アリの日だけは、メンバー誰でも、店長のピンクgo!のサインが出たらペンライトはピンクです。

俺はそういう日だと店長のブログを何回も読み返して理解したから。

 

 

あとね、上にも書いたような存在の例えば推しがなにかいえばそれは受け入れられるだろうし、受け入れる努力をする。推しじゃなくてもほかのメンバーでもそうする。

 

でも運営や今回は店長だけど、そういう立場の人が何か言ってもそれをどう取るかって言うのは割れるんだよね。

特にしゃちの場合、スタッフやメンバーとの距離も近いみたいだからなおさらね。

それは仕方がないことです。そういうのがなかったら独裁だし。これは良くない!

店長にはそうなって欲しくないしそうなる資質も感じないからいいんだけどww

 

凄くファンの意見を汲んでくれてると思いますよ。目線が近いっていうか。

ただ、たまに「こうします」っていうところが期待とずれてる時にワーワー言われるだけで。

それはいいことだと思います。

店長が舵とらないと、この「鯱」はどこに行っちゃうんでしょうね?

だから「colors」の賛否も仕方ないこと。

俺は賛成!