読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺の藤井 2016

BluRayが届いて早速見ました。

ほぼしゃちほこしか知らない俺にとっては、格好の教材ww

スタダアイドルの頂点、ももクロすらほとんど知らない俺

現場でいつも「え!?ももクロから入ったんじゃないんですか?」ってよく言われます。

幕張にとき宣来ててかなりの人がそっちに流れてたけど、全く興味も湧かんのでもちろん行きませんでした。
そのおかけで、物販スペースで至近距離で柚姫に会えたんだけどww
「ここに残ってる人はとき宣行ってないから好き~!」って言ってたww

それはさておき、仕事が終わってから1日目のトーナメントだけ見ました。

緊張感が伝わってくる一方、LVに参戦してたので結果が分かってる余裕っていうか、これまた変な感覚でガッツリ見入ってました。

Twitterなんかで「エビ中の世界観」とか、「ももクロの王者としての雰囲気」とか見るけど、それすらも分かってないからその辺も楽しみにしていました。

攻撃的な音楽ばっかり見たり聞いたりしてた俺としては、ももクロエビ中もなんていうか綺麗!
女性の部分だったりステージの使い方とか、歌い方、見せ方

たこ虹はまだまだ勢いでなんとか頑張ってるそんな感じ。悪い意味じゃなくて今はそれを大事にしながら経験していけば面白くなると思います。

それは幕張でほーちゃんが2年前の武道館の事を思い返して「私達勢いだけだったよね~。生意気だったよね~」
っていってたように、振り返って成長を感じられるために必要だと思う。 
ただ、方向が上3グループのどの辺に向かうのか全部のいいとこ取り狙ってるのかな?方向性がぶれてるような気がします。


しゃちはなんか、他のグループとは全く異質な感じ。みんな可愛いけどホントにアイドルか?

勢いが凄いけど雑ではなくて、綺麗なフォーメーションかというと、そうでもなかったり。
でも、それが凄くしっくり来る。いい意味で乱暴。

ライブで魅せるって言葉が凄く合うと思います。
ある程度の部分は打ち合わせやリハ・レッスンも積んできたと思うけど、会場の空気や流れを読んで、臨機応変に自分達の世界に引きずり込んでいく感じ。

それと、どのグループも勝ちたい!って思いは強かったと思うけど
それは勝ちたい!
しゃちは絶対勝つ!

その気持ちをどこにも隠さずに出して来てたように思います。店長がいう戦闘民族って言葉の意味が凄くわかります。

憧れて追いかけてたももクロと勝負できるっいうところ、ももクロにたどり着く前に負けられない気持ち、この勝負に6人で挑めなかった、でも、そこを諦めてじゃなくしっかり受け止めて自分達のものとしてパフォーマンスしたチームしゃちほこ

ホントに改めて凄いな!と変わったグループなんだなって思います。

最後、ウイニングソングのとき店長が「うちは出したくない」って言ってたらしいけど、それほど勝ちにいってたんだな。

LV参戦から半年位経つけど、あの時モノノフ達が「しゃちほこ凄い良かったね」とか話してるのを傍から聞いてて
「当たり前だろ」とか「どやっ!」って思ったのを思いまします。

藤井トーナメントを後輩グループのメンバーはどう見てたんだろう。

もちろんももクロエビ中やっぱり凄いってのは絶対あると思うけど、あの感じじゃなくて「しゃちカッコイイ!」って思ったメンバーもいたんじゃないかな?

ここは憧れる先輩グループによって今後の方向性が結構変わるような気がします。

それぞれの運営にもよると思うけど、見た感じももクロのようなどっしりした感じ
エビ中みたいな凄く演出として魅せる感じ
しゃちみたいなライブで魅せる戦闘的な感じ

ももクロ的なのは、やっぱりそれ相応のキャリアと自信がないとできないと思うけど。

それとも、全く違う今までにない何かを打ち出していくのか。

ま、いずれにしても俺は今、しゃちほこしか見えてないんだけどね(^^)

だからこそ、来年の藤井で「おっ!」って思うグループ、モノノフやしゃちヲタが終わったあとに「〇〇良かったよね」って言われるグループになって欲しいと思う。

来年、また同じような形の戦いになったとして、しゃを打ち負かす後輩グループが出てきたら逸材。
桃蝦に勝てるようなら本物。
上2つに辿りつく前のしゃちの壁はものすごくか高いと思う。

むしろ今、ライブに特化した戦闘的でラストマンスタンディングみたいなので、しゃちに勝てるアイドルグループはないと思う。

贔屓目ももちろんあるけど、公平な目線で見ても、これはまちがいないはず。

次はどんな形で行われるんでしょうね?

しゃちファンとしては凄い曲もできたことだし、是非とも今年と同等のスタイルでやってもらって、完全勝利してもらいたいと思ってます。