幕張終わってぽんさん考察

現地でってわけじゃなくいつもぽんさんの事を考える時に思う事があって、それは

ぽんさんがいたらな~…

でもこれってしゃちヲタならみんな思う事だと思う。運営もメンバーもみんなそうじゃないですかね?

新規さんはどう思ってるんだろう?

幕張パンフの店長の記事何度も読みました。

やっぱり、戻ってくる前提で事は進んでるんだなって感じました。

いや、戻ってくる事を想定してっていう感じかな

店長のでも書いてあったけど、今の5人は今回の幕張でも示したように、物凄い成長をしてます。何もできなかったっていう年末から藤井、高校を卒業してからのイベントや幕張と、どんどん自信も付けてるでしょう。

でも、その成長のきっかけって乙女祭りの直前でぽんさんの無期限活動休止のアナウンスがあったからじゃないかなって思います。

あの発表があったあとのブログからは悲壮感とか、焦燥感みたいなのが感じられて、特に5人だからって物足りないとか言わせない!って言うのが物凄く印象に残ってます。

俺としても
一緒に背負っていこう!
待ち続けるさ!
って決意したブログでした。

今回の幕張は最高でした。
札幌ワンマンが直前にあって、あの時がすごかったから大箱2日間もどうなるんだろうって不安があったけど、見事にっていうか完全に、札幌ワンマンが霞むくらいのパフォーマンスを見せてくれました。

だけど、6人で見慣れたフォーメーションが5人だと少しだけ…一瞬違和感があったり、歌ってるメンバーへのコールとゆずぽんコールとで分かれたりすると、自分の中でもかなり葛藤があります。

5人に不足してるものなんてありません。
5人でしっかりやりきってます。

だから、ぽんさんがいないから物足りないんじゃなくて、ぽんさんから受ける圧はやっぱりぽんさんにしか出せないものだなって改めて思いました。

語弊が大有りだけど、ぽんさんがいなくたって今の5人で充分過ぎるパフォーマンスは出来てます。

ブログで書いてた「5人だからって物足りないとか言わせない!」っていうところは、遥かに上を行ってます。

でも、やっぱり圧なんです。

ぽんさんがお休みしてる時から参戦してる人には伝わらないかもしれないけど、チームしゃちほこの中で、一番ライブって言葉がしっくり来るのは、ぽんさんなのかも知れません。

ぽんさんの「ハイ!ハイ!ハイハイハイ!」とか「飛ぶよ!」があることによって、会場はもっと一体感が出ます。
タイミングが凄いんですよ。

初参戦でも、その動作をするタイミングが絶対わかるから、そういう人はぽんさんに集中してれば導いてくれる、沸けるんです。


ここまで書いた上で…書いておきながらなんですけど、上の待望論をかき消しちゃう俺個人の思いなんだけど

「今の」チームしゃちほこは本当に成長しました。これからも成長を続けると思うし、この後の武道館でも凄いステージを見せてくれると思います。
で、氣志團万博での扱い。
何前座に据えてるの?
清水ミチコなんて所要ある?
他にもっとどうでもいいアーティストいるだろ!
アイドルだからか?
お前ら全部持っていかれるぞ!
次出づらいぞw
です。

彼女達にアイドルって自覚もあると思うけど、心のどこかにはその枠にはハマってないんじゃないかって思ってる部分もあるように思います。
だからこそ、彼女達の中で燃えるものが生まれると思ってます。
そしてその悔しさをバネにまた成長するはず。
参戦するファンやそのTwitterを見てファンも成長すると思います。

今でもあれなのに、ここからの半年で更に色んな経験を積んでライブ巧者になると思われる、チームしゃちほこに、はたしてぽんさんがすんなり戻ってこれるかな?

戻ってきた時、ほーちゃんがいうように「凄いことになってる」チームしゃちほこと、お休みしてたぽんさんがどれくらいギャップを感じるだろう?

そのギャップが負担になるんじゃないかな。

店長の記事でも「踊らないアイドル」「DJ」と、色々模索してるようだけど、お休み前のぽんさんはライブを先頭に立って導いた存在です

もしかしたら、今やっと他のメンバーがぽんさんに追いついたのかもしれない。

その事にぽんさんが気付いてすんなり戻って来てくれるのが一番です。

だけど、ガラスのハートが音をたてて割るようなことになったら全くの本末転倒

まだまだ先はあるからじっくり時間をかけて戻って来てくれるのが一番です。
店長のいうような形でもいいでしょう。
でもやっぱり、それが…ステージで暴れられないことがストレスになりかねないのも充分考えられます。




俺は、ぽんさん・ゆずぽんじゃなくても良いと思ってます。

安藤ゆず」っていう1人の女の子・女性として凄く幸せになってくれたらそれが一番だと思ってます。

その幸せって、チームしゃちほこの活動かもしれないし、そこからちょっと離れた違う活動かもしれないし、このまま去ることかもしれない。

選ぶのは俺達じゃない。

ぽんさんか安藤ゆずが選ぶ道

先にも書いたけど俺は待ち続けます。

待った先で本人が決める事にとやかくいうことはありません。
むしろ本人の言葉で、ブログで、どんな形でも発表してくれたらその決断に対して祝福します。

幕張両日でも所々にだいごろうを散りばめて、菜緖ちゃんがステージでやってくれたことも、すべて受け止めて本人の決断を待つしかないんだなって思ってます。

f:id:otarunner:20160525102602j:image